鎌倉に行ったこと。

荒井由実”ひこうき雲”のアルバムを聞きながらコレを打ち込んでいます。
酔っ払いながら聞く”ひこうき雲”は天国へ行けそうな感じがする。


先週の土曜日は、両親が遊びに来た。
僕は寝坊して、30分も遅れて藤沢駅へ向かった。

親父の目は少しはれぼったくて、あまり寝ていないようだった。
母はあいかわらずの笑顔だった。

藤沢から江ノ電に乗って鎌倉へ向かった。

鎌倉の知り合いの方に勧めてもらった、寿司屋でランチをした。
親父は日本酒をいくらか飲んで、気持ちよくなったらしく、
上機嫌で、”漁の話”をしていた。
その話は、まあ大半が自慢話で、
僕と母は、その言い方違うんじゃないのと、口だしして、会話を楽しんだ。
板前さんはイチゲンさんの僕達を、とても丁寧に、謙虚に、応対してくれた。

小町通りを楽しみ、寺に行き、北鎌倉を散策した。
野生のリスに結構出くわした。
母ははしゃいでいた。

d0017298_2349448.jpg



親がいて僕がいる。

父の僕、僕の父。
母の僕、僕の母。
[PR]
by umizo1000 | 2005-04-04 23:52
<< どうなりたいか。 観光地の虚しさとひとり暮らしの虚しさ >>