祖父との宴

去年の10月に祖父が亡くなった。
享年92歳だった。

おじいちゃんが入院したと聞いて、病院に見舞いに行った。
ベッドに座っている小さくなったおじいちゃんは僕に言った。

「和浩!牛乳ビンに焼酎を入れてきてくれ。そうすれば看護婦さんにわからんから!(笑)」
入院しても「酒飲みてー」と言えるおじいちゃんはとてもかっこよかった。

   ・
   ・
   ・

その次の日の会社帰りだった。

d0017298_13472.jpg



僕にはその月と雲達が、鳥に見えた。
ビールと焼酎を買い、飯を作り、ベランダで乾杯をした。

「乾杯おじいちゃん!!!」

死ぬ間際まで”お酒”が好きだったおじいちゃん。
死後、バックからでてきた小さな靴べラ。それには着物姿の女性が写っている。

大切にしようと思う。
[PR]
by umizo1000 | 2005-04-09 01:32 | 湘南・藤沢・鎌倉
<< 小野小町 友達からのメール  その2 >>